IKUMA  - Artesão de couro -(革職人)

製作活動の一部をアップしております。

2015年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショルダーポーチ

こんにちは。 IKUMA です。

オーダー頂きましたショルダーポーチのご紹介です。

寸法
縦 × 横    15センチ × 25センチ
マチ        なし

パイピングで縁取りをしました。
IMG_9196.jpg
IMG_9193.jpg


ショルダーベルトはナスカン(取り外し可能な金具)で取り外しができますのでバッグインバッグにもなります。
IMG_9181.jpg


内側は中央にしきりがあり、しきりにファスナーポケットがついています。
IMG_9180.jpg


オーダー頂き誠にありがとうございます。
スポンサーサイト

| ショルダーバッグ | 16:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

靴を磨く

こんにちは。 IKUMA です。

突然、思い立って部屋の掃除をしたくなることってありませんか??
今日は突然、靴を磨きたくなったのでバイク用の靴を磨きました。

これです↓
IMG_9262.jpg
バイク用なんですが、ブローグ(装飾の穴のこと)なんかも入ってたりしてややドレッシーな革靴です。
プライベートでも がしがし履いています。購入してもうすぐ4年をむかえますが、まだまだしっかりしています。


先日のツーリングでついた泥・ほこり
IMG_9265.jpg

馬毛のブラシでブラッシング。 →表面のホコリや泥を落とします。
リムーバー(汚れ落とし)で汚れ落とし。→ブラッシングで落ち切らなかった汚れを落とします。
栄養クリームを塗る。 →革の最大の敵は「乾燥」です。乾燥しないようにクリームで保湿をします。
仕上げのクリームを塗る。 → 保革・補色の効果あり
馬毛のブラシでブラッシング。 →クリームに含まれている ロウ により革に光沢がでます。
最後に防水スプレー        → 雨はもちろんホコリなどの汚れを防ぎます。




以上の手順でみがくとピカピカになります。
IMG_9275.jpg
IMG_9274.jpg
IMG_9277.jpg

| バイク | 18:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハンドバッグ④

こんにちは。 IKUMA です。

胴、マチ、持ち手、等ができてきました。
IMG_9254.jpg

裏地の作製をしたら、パーツを組み立ててゆきます。

| ハンドバッグ | 21:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蛇腹式 通帳ケース

こんにちは。 IKUMA です。

オーダー頂きました通帳ケースのご紹介です。

今回は定番ではない柔らかい革(クロムなめし革)を使用しました。
クロムなめし革 とは化学薬品でなめした革のこと。生産性がよく、色落ちがしにくい革です。市場にでている革製品の約80%がクロムなめし革です。革靴・バッグ・革ジャン・ソファーなど多岐に渡って使われています。

IMG_9234.jpg

寸法 縦×横 13×18
部屋が6つ
カード収納 8枚
コイン収納 1つ

収納がたくさんあるので仕分けがきちんとできます。
IMG_9237.jpg

IMG_9243.jpg


中央にファスナー式のコイン収納
IMG_9244.jpg


通帳が楽々入ります。
IMG_9246.jpg

オーダー頂き誠にありがとうございました。

| レザークラフト | 22:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コバ の処理(切り目本磨き)

こんにちは。 IKUMA です。

コバ  ってなかなか聞かない単語ではないでしょうか?

コバとは革の断面のことで、漢字で「木端」と書きます。裁断面が木の切れ端に見えることが由来です。
コバを処理すると耐久性があがりますし、見た目もしまって上品にみえます。

コバの処理方法はいくつかあります。


今回は「切り目本磨き」というコバの処理について説明してゆきます。

二枚の革のはぎれです。
IMG_9210.jpg

接着剤を二枚のはぎれの床面(裏側)に塗ります。(接着剤は薄く塗るとコバがキレイに仕上がります。)
IMG_9212.jpg

接着剤が乾いたら二枚を張り合わせます。
IMG_9213.jpg

革包丁で断面を切りそろえます。
IMG_9214.jpg

切りそろえた断面です。
IMG_9216.jpg

五種類ほどのやすりを使ってコバ(断面)を削っていゆきます。左から右に向かってやすりの番手が細かくなってゆきます。
IMG_9217.jpg

コバが滑らかになってきたらコバ処理剤という薬剤を塗ります。
IMG_9219.jpg

布でコバをこすって磨いてゆきます。
IMG_9220.jpg

やすりで削ってコバ処理剤で磨く という工程を4、5回繰り返すとコバが滑らかになり光沢がでてきます。二枚の革の境目がほとんどわからなくなります。
この状態でも木端の耐久性は高いですが、さらに「捻」という工具を使って焼きしめてゆきます。
IMG_9224.jpg

捻 をアルコールランプで熱します。
IMG_9226.jpg
捻 の先端の写真
IMG_9227.jpg

コバに捻をあてます。
IMG_9228.jpg

最後にもう一度、やすりをかけコバ処理剤で磨きます。
最初の状態と比べてみると一目瞭然です。
IMG_9216.jpg
IMG_9230.jpg


以上が切り目本磨き です。
非常に手間がかかる方法なのですがピカピカに輝くコバは作品に高級感を与えてくれます。

| レザークラフト | 21:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハンドバッグ ③

こんにちは。 IKUMA です。

オーダーの流れ

① 打ち合わせ(形・大きさ・用途などを伺い、デザインをご提案します)
② 型紙の作製
③ 床側(試作用の革)で試作
④ お客様と打ち合わせ(サイズ感や風合いなどを確認して頂き修正箇所をつめてゆきます)
⑤ 型紙の修正
⑥ 納品用を制作

⑤の型紙の修正が終わりましたので
これから⑥の納品用を制作してゆきます。


IMG_9160.jpg

イタリアンレザーのレッド。
上品なお色です。

| ハンドバッグ | 22:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラウンドファスナーウォレット(イヌ)

こんにちは。 IKUMA です。

ファスナーウォレット、イヌver のご紹介です。

イヌのタグ
IMG_9150.jpg
持ち手はおなじみ肉球
IMG_9153.jpg
中は黒にベージュのステッチ
IMG_9156.jpg

オーダー頂き誠にありがとうございました。

| ウォレット | 22:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ショルダーバッグの試作

こんにちは。 IKUMA です。

ショルダーバッグの試作を数パターンしています。
IMG_9148.jpg


お客様のご希望に沿って試作をしておりますが、自分では思いつかないようなご要望があると非常に勉強になります。
日々、勉強です。

| ショルダーバッグ | 22:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

奥が深い・・・

こんにちは。 IKUMA です。

只今、オーダー頂いておりますコインケースの試作をしています。
IMG_9145.jpg

芯の位置が数ミリ違うだけでスムーズに開閉ができなかったり、おさまりが悪くなります。
試作の度に改善点が見つかります。
N様、大変お待たせしております、もう少々お待ちくださいませ。

| 革小物 | 22:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポーチ(ネコ)

こんにちは。 IKUMA です。

以前ネコのウォレットのオーダー頂いたお客様からポーチのオーダー頂きました。
気に入って頂けて嬉しいです。ありがとうございました。

IMG_9138.jpg
IMG_9140.jpg
IMG_9139.jpg
IMG_9142.jpg

| ポーチ | 23:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT