IKUMA  - Artesão de couro -(革職人)

製作活動の一部をアップしております。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

持ち手の修理

こんにちは。 IKUMA です。


父が昔から使っている仕事用のバッグです。(既製品)
数年前に 持ち手と 持ち手付け根のループ がちぎれたので、修理をしました。
先日、修理をした付け根のループがまたもやちぎれたようなので再度修理しました。

持ち手はまだまだ使用できそうなので、コバの処理をして流用します。
IMG_1219.jpg



こちらがちぎれてしまったループです。
馬具などに使われるブラドルレザーという丈夫な革を使用していましたが、このとおりちぎれています。
原因としては裏に革を当てず一枚の革で仕立ててしまったこと。
バッグの全重量が細いループ2本にかかるので強度が保てる製法で仕立てる必要がありそうです。
IMG_1218.jpg


前回の反省を踏まえ、裏に革を当て、間に 伸び止めテープ(革の伸びを防ぐテープ) をはさみました。
アクセントにステッチも加えました。
IMG_1266.jpg


全体に栄養クリームを塗り、補色をした状態です。
所々傷んでいるところはありますが、まだまだ使えそうです。
IMG_1227.jpg


過去の自分の修理や作品を見ると技術の低さを感じます。当時は最善の方法だと考え製作していたはずですが。
毎日のようにしていることは、なかなか技術の向上が実感しにくいです。今回のように過去の自分を見ることで今の自分の位置を知ることができ、今までできていなかったことができるようになった、今までできていたことがどうゆうわけか忘れ、できなくなっていた、 など、 様々なことに気づくことができます。
スポンサーサイト

| レザークラフト | 15:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT